釧路湿原が吾ホームグラウンド、且つ丹頂の里


by akitsu-3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雪です

 今日の釧路は雪です、午前中はちらほらだった雪が夕方になって
霙まじりのような冷たい雪になりました、気温も新聞の予報欄では
4℃~2℃となっていました、寒い筈です、ぐずぐずと居座っている風邪の所為も
あってが一日中身体が冷えている感じだ、プールも休む事にする、
ここのところ休んでばかりいるが、明日も多分今日にならえで
いちにちゴロンを決めようかな。

 田村明子著「氷上の光と影」を読む、その中の一説
*** ジャンプをして、落ちてくる選手と、降りてくる選手がいる****
***ほとんどの選手はジャンプから落ちてくる、でも織田くんは降りてくる珍しい
選手です、まるで足の裏に目があって、氷の位置を確かめてから
降りているようです....」

 織田選手の着氷を見たとき、これは凄いと私でさえ思った
着水と同時に膝からふっと力が抜けてゆくとおもった、
なんと柔らかい膝なんだろと、私の中で着氷の見事さはNOであると見た
(ジャッジでもないのに生意気かな?)だったが、外れてはいなかったよ。

 何かのコメントに応えていた、膝が硬くて着氷が硬かったのが悩みであったと
技を見につけるのに苦労したんだな。
[PR]
by akitsu-3 | 2009-04-26 19:59 | その他