釧路湿原が吾ホームグラウンド、且つ丹頂の里


by akitsu-3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ターキシュ・デライト

 「カジノ」のレストランのバイキングで始めて口にしたとき「これはいけるぞ!」
と思った「牛皮」のような「素甘」のような「グミ」のような、不思議な感触と甘さが
口いっぱいに広がった。

 そして数年後、再び訪れたパースのとある中華街で見つけた
苺味、レモン味、生姜味、薔薇(と記してあった)その他覚えていないが種々
「不思議なものが透きなんだね」と半ば呆れ顔で娘に言われたが。

 その翌年長女がシドニーを訪れたとき、必死に探して買って来てくれた
嬉しかったのはほんの最初に2.3個だけ、あの甘さが何故か口に合わなく
なっていた。

 今回娘が帰省するに当たって「お土産は?」にも、
「あれは要らないよ」と言っているのに買って来てくれました、
今回は薔薇の味、切り口の紅色はきれいだが、口に合わない甘さとは
言いつつも、何故かいろんな思い出とインパクトがあってやっぱり懐かしいな
一個を四分の一位を濃いコーヒーで頂くのがベストかな。
f0173195_19443599.jpg
f0173195_19444813.jpg
f0173195_1945199.jpg


 ちなみに「ターキッシュ・デライト」とはトルコのお菓子で
「ナルニア国の魔法のお菓子」とも言われているそうな。
[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-30 19:49 | 食べ物

ゆめこい渡し

 
f0173195_19214410.jpg
「釧路ゆめこいわたし」のフォトコンテストで最優秀賞をいただいてしまいました、
二日通いましたが、両日とも小雨模様の曇り日で、細かい設定の出来ない私には
応募するだけのものは撮れないだろうと、90%は諦めていた、少しは助けてもらいたい
晴天にも見放されてしまっているし。

 しぶりにしぶったが、締め切りぎりぎりに持込んだその一枚です。

お蔭様で、すこぶる新鮮な、牡蠣とサンマと鯖を頂きました
牡蠣は電子レンジでチンをして食べました、牡蠣から出た汁で
ご飯を炊きました、これも上々の出来上がりでしたよ。
f0173195_19215284.jpg
f0173195_19215881.jpg

[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-25 19:22 | 食べ物

草花ウオッチングに参加

 今年は一度も参加できなかった草花ウオッチングに、今日は何を
さておいてもと参加しました。

 「ウメバチソウ」が温根内では最後の花になるらしいが
春採湖畔では「ナギナタコウジュ」がしんがりを受け持つらしい
最後とは言っても、まだハンゴンソウ、ミゾソバ、ヒヨドリバナの他
目立たない小さな花などは50種くらいは辛うじて咲いていた。

 「コウライテンナンショウ」にレンズを向けていると、若い親子が私の後ろを通りながら
「ママ、なにあれ?」
「知らないよ」......と通り過ぎてしまったが、幼い子供の目には多分
可也強烈に写ったのだろう、実をつけ真っ赤に色づいてくると
絶対と行っていいくらい見過ごしはできない、人を引っ張り込む強烈な赤さである。

 以前、帯広の「坂本直行」さんのギャラリーでこの実を描いたものがあった
タイトルが「蛇の松明」であった、実の色といい、絵のタイトルといい
強烈に残る、カメラは向けるが、あの草の側には絶対に近寄らない
草の
f0173195_194956100.jpg
f0173195_195094.jpg
f0173195_19502268.jpg
f0173195_19503799.jpg
f0173195_19505173.jpg
幹までも、そのものである、ちょっと怖いよ。
[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-20 19:59 |

サンゴソウを

 昨日16日、能取湖の珊瑚草ツアーに参加しました
前面真っ赤とは言い難かったけれど、ツアー参加だから条件ぴったりは無理
それでも今年も眺める事が出来
f0173195_1930717.jpg
f0173195_19302459.jpg
f0173195_19303754.jpg
f0173195_19304992.jpg
f0173195_193104.jpg
、お天気もも恵まれ、
お任せ運転で気を使うことも無く、流れる風景をゆっくり眺めながらの
一日でした。
[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-16 19:31 |

間に合っています


 鍵を忘れてひょいと出かけ、誰もいない家に帰ってきて家に
入れなかったことがある、そんなヘマを繰り返さぬために
用途に応じて持ち歩くカバンには全て鍵を付けて置く。

 それなのにず~~~と仕舞い込んで合ったカバンを持って出かけて
帰ってきて玄関まで来て
「あっ!鍵が無い・・・・・・」

 チャイムを鳴らす、折りよく家にいた夫が出る
「鍵を忘れたの、開けて」・・・・・私
チャイムの向こうから「いえ、間に合っています」・・・・・・・・夫

 間に合っている訳ないでしょう、冷蔵庫の扉を開けて一番手前に
あるものさえ探せだせずにいるくせに、
なにが、間に合っています!よ、!

 画像は「ハナイカリ」
f0173195_1951051.jpg


 
[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-14 19:05 |

ツユクサを

 ツユクサの蘂ってドラマだな~~~と毎朝庭に下りて覗いているが
これぞ!というものにはなかなか見つけられない。

 朝の時間は少々忙しくても撮っておかなければ昼には
あの美しい水色の花がクシャと縮まってしまう。

 今年も気に入った蘂は撮れないかな。
f0173195_1918221.jpg
f0173195_19181739.jpg
f0173195_19182955.jpg
f0173195_19283725.jpg
f0173195_19284829.jpg

[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-12 19:41 |

ノリウツギ

 此処のところ御天気に恵まれているが、台風に見舞われる季節でもある、
空や木や草花を見て歩くのも、あと少しの間だね...と、
お向かいさんと語りあったのが昨日、その残り少ない好天気を
見過ごす手は無いね、特別用事が無ければ明日もどこかへ....。

 「生きがい手帳」もあることだし、動物園にしようか?となる
動物園と言っても動物を見て歩くわけじゃなく、
「北海道ゾーン」とか樹々の間を縫って
f0173195_22395318.jpg
樹や草を見て歩く。

 日本一人気のある動物園は「旭山動物園」
 日本一広い動物園は「釧路動物園」といわれている、
樹々の間を縫って歩くだけで2時間や3時間は充分潰せる。

 そして帰り道、かって自転車で走ったんだよ.....と
私の分からぬ道を走ってくれる。

 「ノリウツギ」私たちは「サビタ」という、これももう終わりに近かった。
[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-10 22:41 |

温根内木道を

 お向かいさんに誘われて温根内木道をあるく
湿原はすっかり秋の気配を呈していた、
「ヒメカイウ」も赤い実をつけていた。
f0173195_2213262.jpg
f0173195_22131262.jpg
f0173195_22132073.jpg
f0173195_22141310.jpg


 念願の「ゴキズル」(合器蔓)の花を見た
度々といいう訳ではないが、一年に三度や四度は訪れているのに
花の時期を何時も逃していた。

 器の部分の上部と下部がくっついたものは上手く撮れなかったが
又とは何時になるか分からない、下部を落っこちてしまったものだが
乗っけました。

 カメラは「Nikon COOLPIX 995」..読み込みは遅いし
ピンとは合わせづらいし、周辺もきれいに呆けてはくれないが
手軽さをとった。
[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-09 22:15 |

撫子

 昨年プランターに植えた撫子が花を見せてくれるようになった
その花でちょっと遊びを
f0173195_211232.jpg
f0173195_2113613.jpg
f0173195_2114815.jpg

[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-05 21:02 |

真夏日

 一足先に出かけた娘が、バス停に着いたか着かないうちに電話をくれる

 「がりがり暑いよ、日焼け止めクリームをきちんと塗って帽子もしっかり
被って出かけなさいよ」・・・相変わらずPTAである。

 釧路の今日の気温、予報では22℃となっていたが
正午近くの幣舞橋のあたりは27℃とか、暑い筈だよ。

 「こんな日はプールに限るね」と仲間達、そうだよそうだよと相槌を
打ちながらも今日のバタフライはパスする、クロールだけにしておこう
f0173195_20484411.jpg

昨夜もたっぷり泳いだし
「腹も身のうち」と昔の人は言った、タフだと過信して調子に乗らないことと
自分に言い聞かせる。
[PR]
by akitsu-3 | 2008-09-04 20:49 |